「人間のモチベーションアップを促すAI」。モチベーションを高めるフィードバックが可能なAIアルゴリズムを開発

制御機器や電子部品など多岐に渡る事業を展開するオムロン株式会社と、エンターテイメント分野のリーディンングカンパニーである株式会社スクウェア・エニックスは、2019年12月、オムロンが開発した卓球ロボット「フォルフェウス」を通じ、「人間のモチベーションを高めるAI」について共同研究を開始したことを発表した。研究期間は2019年12月~2020年3月。この研究では、人のバイタルデータを分析することで、モチベーションを高めるようなフィードバックができるAIアルゴリズムを開発し、「機械が人間に大きな成長を促す技術」の確立を目指すとしている。

卓球ロボット「フォルフェウス」により人と機械の融和を目指す

オムロンは、同社のコア技術「センシング&コントロール+Think」によって「人と機械の融和」を目標に掲げている企業だ。機械が人間の能力や創造性を高めるという理想の未来を体現するために、2013年に卓球ロボット「フォルフェウス」を開発した。最先端のロボティクス技術とAIが搭載されている最新の第5世代フォルフェウスは、プロの選手とラリーを続けられるほどスキルが高く、対戦相手ごとに最適な返球やアドバイスをして人の成長を促進することが可能だ。AI技術により、人を深く理解してコーチングができるまで進化している。


機械が人の成長を促す、人間との新たな関係性を実現

一方、スクウェア・エニックスは、ゲーム開発を通じてプレイヤーごとにゲーム展開を変化させ感情を動かす「メタAI」という技術を研究してきた。これを、人間の感情や能力を読み取ることができるオムロンの「センシング技術」を組み合わせることで、人が成長したいと望む力を高める指導方法を考えるAIを開発する。


両社によって開発された能力は、フォルフェウスに搭載される予定だ。卓球という形でロボットが人とコミュニケーションを重ねることで、機械が人間のパフォーマンスを最大限に引き出す関係性の構築をより加速させるという。


また、両社は今回の共同研究で実現したAI技術を、それぞれの分野で展開する予定だ。オムロンは注力ドメインやFA(ファクトリーオートメーション)、ソーシャルソリューションやヘルスケアへの展開を、スクウェア・エニックスはスマートシティといった現実空間へゲームが拡張することを見込み、ゆくゆくは現実の社会貢献につながる進化を目指すとしている。


機械が「人の感情を深く読み成長へのモチベーションを高める」という技術は、企業においては、「業務の習熟度に合わせてサポート内容をカスタマイズできるAI」といった形での導入することができるだろう。あらゆるテクノロジーを搭載した機械が企業で活用されることで、社員のモチベーションアップや成長促進に大きな効果がもたらされることを期待したい。


この記事を「シェア」お願いします。

この記事にコメントする

コメントを投稿するには会員登録(無料)が必要です。
入会いただいた方の中から抽選で、
Amazonギフト券(1,000円分)を30名様に贈呈!

また、入会者全員にビジネスに役立つ話題の書籍等と交換できるPRO-Qポイント「100ポイント」もプレゼント中!

プロフィールPROFILE

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。 ビジネスに役立つ知識の情報源として、「PRO-Q」をご活用下さい。

アンケート集計結果レポートREPORTS